君を愛した時間

韓国ドラマ 君を愛した時間 あらすじ6話

君を愛した時間

今回の韓国ドラマはこちら!
君を愛した時間
さっそく6話をご覧ください
君を愛した時間 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 君を愛した時間 あらすじ6話

2011年 夏
当時、ソフと交際中のハナは、その日予定されていた自分の昇進祝いをドタキャンし、突然帰国してきた彼氏を優先。
自分勝手でこちらの事情は無視、そんな男のソフだったが、彼にゾッコンだったハナは周囲の事が目に入らなかった。
ハナが惚れ込む男とはどんな奴なのか、一度顔だけでも見てやろうと空港に戻ってきたウォンは、熱いキスをする二人を目撃してしまう。

現在。
再び現れたソフ。遠巻きでこちらを見ているソフに気づかぬよう、ハナの注意をこちらに向け、「店で飲もう」と手を引くウォン。
結婚する予定だった友人のジョンミが破談になってしまい、「お前は一度別れた男とやり直すことができるのか?」とハナに聞いてみる。

「別れた理由より、愛の深さが重要だと思う」
”やり直せる”ともとれるハナの発言に、ウォンはヤキモキしてしまう。

週末にサイクリングを約束した二人。
二人の関係に嫉妬するソウンは、当日、弁当持参で直接家まで押しかける。

「先約があるから」と事前にデートの誘いを断っていたウォンだったが、ソウンのゴリ押しに負け渋々三人でサイクリングに行く事になる。

「自転車・・・乗れないんです・・・」
自転車が乗れないと言いだすソウンは、ウォンと二人乗りの自転車で悠々とサイクリング。
たくましいハナは一人で全力疾走し、「あっかんベー」と二人を挑発し爆走、楽しい時間が過ぎていく。
(ソウンよ、本当に自転車乗れないのか?なんか怪しいぞ・・・)

サイクリングの後はバッティングセンターへ。
運動神経抜群のハナだが、野球だけは苦手。昔一度だけ打てたことがあるが、それ以来空振りの連続。
そんな事情を知り尽くしているウォンは、「お前もやってみろよ、もしかしたら二度目の奇跡が起こるかもしれないぞ」とからかい、闘志に火がついたハナはバッターボックスへ。

しかし、振れど振れど空振りの連続・・・。
見かねたウォンが後ろから覆いかぶさる形で、手取り足取り指導開始。
それを見ていたソウンは嫉妬し、「私も教えてください!」とアピールするが、一定の距離を保つウォンはそれを拒む。

後日。
突然会社に送られてきたピンクの大きなウサギのぬいぐるみ。
部下の失敗を庇い、取締役に怒られた直後だったハナは、今まで貰った事がないようなサプライズに胸をときめかせる。

「送り主も配送業者もわからない」
話を聞いたウォンは、送り主がソフであると容易に想像できた。

「もしかしたら、お前を恨む部下たちが爆弾を仕込んでいるかもしれないぞ?」
何とか理由をつけて持って帰らないよう促すが、浮かれ気味のハナは言う事を聞かない。

一方、姉に高そうな革靴を買ってもらったデボクは、返品して安物の靴と交換してもらい、差額をポッケしようと企んでいた。笑
新たな靴を選んでいる時、残り一足となった靴を取り合いになり、可愛らしい女の子と運命的な出会いをする。
(このあと何度も出てきそうな気がするので、一応運命的と書いておきます。出てこなかったらごめんなさい。苦笑)

スポンサーリンク

いつも明るく、ハナの傍で優しく見守るウォンだったが、彼も心に傷を負っていた。
大学入試の数日前、突然手紙を置いて家を出て行った母。その時に見せた、悲しさを隠すための笑顔。
あの日と同じ笑顔で微笑みかけるウォンに、かける言葉が見つからないハナ。
(家を出て行った母から電話がきて、ウォンは思い悩んでいるようです)

「乱すのは俺の勝手で、心を動かすのはハナの勝手だ」
わざわざウォンの仕事場まで押しかけ、二人が友達関係のままなのか確認するソフ。
数年前に彼女を傷つけておきながら、何もなかったかのように平然と姿を見せてもう一度言い寄ろうとしているソフに、あからさまな嫌悪感を抱くウォンは、「だったら止めるのは俺の勝手だな」と食って掛かる。

うさぎの贈り主がソフだったと知ったハナ。
こちらの状況や気持ちは一切考慮せず、「会いたかった。今から外で話そう」と相変わらず自分勝手なソフが会社まで押しかけてきて、驚きのあまり持っていた携帯電話を落とすハナ。

ウォンの心を掴もうと、周りから固め始めるソウン。
「午後からはフリーですよね?」と仕事終わりの姉ミヒャンに声をかけ、自宅へ招く。
ウォンの好きな物を聞き出そうとしたが、彼のエピソードにはいつもハナの存在があり、何度も出てくる”ハナ”にうんざりし嫉妬する。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「君を愛した時間」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←5話     7話→

君を愛した時間 あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「君を愛した時間」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
君を愛した時間 公式サイト