韓国ドラマ 君を愛した時間 あらすじ19話

君を愛した時間

今回の韓国ドラマはこちら!
君を愛した時間
さっそく19話をご覧ください
君を愛した時間 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 君を愛した時間 あらすじ19話

17年の友達期間を経て、やっと交際を始めたウォンとハナ。
高校時代から二人を見てきた友人たちは、皆声を揃えて「驚くわけない。お似合いだ。やっと付き合い始めたか」と二人を祝福する。

ウォンの会社の同僚たちは、口では表しにくい違和感を感じ、出張で苦労したのかと勘違い。
(ハナと交際を始めたことを知りません。)

ソウンだけは交際を始めたことを知っており、会社の先輩と後輩として仕事終わりに酒を飲みに行く。
「気軽に”先輩”と呼べるようになってよかった」
ウォンへの気持ちを整理したソウンは、交際を始めた二人の前途を祝う。

「やったー!やっと完成したー!」
数日間風呂にも入らず、ホン代理の電話も無視し続けていたデボク。
漫画家を諦めていなかったデボクは、ウォンの脚本”夏の日”に絵を描いてネット上に投稿する。

深刻な面持ちで住所を書き記したメモを手渡すミヒャン。
姉からメモをもらったウォンは、ハナを連れて母が入院している療養所を訪ねる。

病気に侵されていた母に気づけなかったウォンは、寂しさのような虚しさを感じていた。
平凡だけど優しさがにじみ出てる新たな恋人と一緒にすごし、幸せそうな母から「ごめんね。遠く離れていても愛していたわ」と言われたウォンは、言葉に詰まり目に涙を溜める。

「会わないからね!怒ってるんだから!絶対・・・会わないもん・・・。。」
プンプンしながら待ち合わせ場所までやってきたホン代理。
絵描きに集中していたデボクは、連絡を無視し続けていた事を謝罪し、あっさり二人は仲直り。

いつもの居酒屋さんに足を運んだウォンとハナ。
普段とは違う雰囲気を感じる店主は、二人の交際を知り目を真ん丸にして驚きながら「今日はサービスするよ」と二人を祝福する。

どうでもいい事で痴話げんかを始める二人。
基本的に、交際を始めた二人の”いちゃつく戯言”なので全面カットします。笑

ワールドツアーを控え、韓国の自宅を売り払う事を決めたソフ。
ハナとの別れを経て傷が癒え切らない状態のソフだったが、”一番ときめいた恋”として気持ちを整理し、前を向いて歩き始める。
そんな彼を、師匠として間近で見てきたパク・チョンフンは、「恋愛すると演奏にも深みが出るから、失恋も昇華させて頑張れ」と励ます。

恋人同士としてソファーに座るハナとウォン。
いつも一緒に居たのに、恋人として登場されると、かしこまってしまいソワソワする母のスミ。笑

スポンサーリンク

妊娠を告げられたウォンは驚きながら、一世一代の決心をした姉を応援する。

今日は映画デート。いつもにもましてキレイなハナに圧倒されるウォンは、手を繋ぐ右手が汗まみれ。笑

帰宅した二人は、ボタンが取れてしまったウォンのワイシャツを裁縫しようとするが、盛り上がってしまいベッドイーン♡♡♡

二人の交際は順調に進むが、いい事ばかりではなかった・・・。
ウォンの母親の体調が悪化し、危篤状態になってしまう。
一命は取り留めたが不安定な状態は変わらず、「一人になってしまう・・・」と落ち込むウォンを「私がついてるから。あなたは一人じゃないわ」と寄り添うハナ。

ウォン宅でイチャイチャしていた二人を、帰宅したミヒャンが目の当たりにしてしまう。
「あーらあら、本格的なこと」と半分呆れながら、二人に気を使い、着替えもせずにすぐに家を出る。

ウォンの脚本”夏の日”を元にネット上に漫画を投稿したデボク。
周囲の反応は上々で、「初めて自分の好きな事で人から褒められた」と浮かれる。
そんな弟をハナは責めきれず、ウォンに対して申し訳ない気持ちと、自分たちの物語を公にされた恥ずかしさがこみ上げる。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「君を愛した時間」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←18話     最終回→

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「君を愛した時間」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
君を愛した時間 公式サイト