韓国ドラマ 君を愛した時間 あらすじ13話

君を愛した時間

今回の韓国ドラマはこちら!
君を愛した時間
さっそく13話をご覧ください
君を愛した時間 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 君を愛した時間 あらすじ13話

ソフと娘が交際を始めた事実を知ったジョングンは、ウォンの事を呼び出した。
「知ってたんだったら言ってくれよ・・・。止めてくれよ・・・。17年もの間、娘の気持ちを捕まえられずにお前はいったい何をしてたんだ?」
ウォンに対しての期待が大きかっただけに、ソフと娘がもう一度付き合い始めた現実にショックが大きいジョングンは、「もう家にくるな」と珍しく冷たい言葉を浴びせてしまう。

「愛してるよ」
家族をはじめとした周囲にソフとの交際を反対され、落ち込んでいたハナ。そんな現状などつゆ知らず、彼女の気持ちを捕まえておこうと前進あるのみのソフは、昼夜問わずハナに対して気持ちを伝え続ける。

本当はソフなんかより、ウォンと結婚してほしかったジョングン。
どれだけ口先で反対しても、娘が心から望んだこととあっては、”絶対にダメ”とは言えず、「お前は俺の自慢の娘だ。自分らしく頑張りなさい」と声をかける。

周囲を巻き込み傷つけている現状に気づいていながら、ソフに対する思いを止められないハナは、思い悩んだであろう父の優しい一言を受け涙を流す。
「お父さん・・・私、頑張るから・・・。」

自分のせいで家族関係がごたついていることを知ったソフ。
周囲に祝福されず、認めてもらいたい気持ちだけが先走る。

ハナとのツーショット写真を撮り、何の了承も得ずにSNSにアップするソフ。
状況を考えず自分勝手な行動ばかりする彼に対し、「私も昔のままじゃない。少しは私の立場を理解してほしい。」とあからさまに不快感を示す。

SNSにアップし二人の関係を堂々と誇示しようとしたソフだったが、以前とは違うハナに反論されてしまいタジタジに。

珍しくウォンに連絡をし、二人で酒を飲むチャンス。(最近結婚したばかりのジョンミの夫)
学生時代から二人の関係を知るチャンスは、「卒業写真を二枚も撮るなんて、お前たち以外いないだろうな・・・」と思い出話に花を咲かせる。

掃除中だったスミは足を滑らせ、腰を痛めて動けなくなってしまう。
デボクから連絡を受けたウォンが駆けつけ、掃除から料理まで難なくこなしてくれる。

仕事を終え帰宅したハナは、今まで通り食卓に仲良く座っているウォンに気まずさを感じられずにいられなかった。
「私は元気だし、ソフさんともうまくいってるわ」
本当はうまくいってないのに、うまくいってると嘘をつくハナ。そんな彼女に、今までとは違った関係になったのだと寂しさを感じるウォン。

旅行中に良く使ったという笛をハナに渡すウォン。
その頃、ハナが不在のなか自宅前までやってきたソフは、デボクと顔を合わせ、「ご挨拶が遅れました」とハナには了承を得ずに勝手に上り込む。

スポンサーリンク

「急に訪ねてくるなんてどういうつもり?」
突然の事にスミは驚き、到底ソフを許す事ができないジョングンは、「結婚したいんです」とぬかす彼の事を拒絶する。

「勝手な事ばかりしないで。結婚の話をするなら、私に一言話してからにして」
自分の事ばかりで相変わらずの身勝手っぷりを発揮するソフに、ため息交じりで呆れるハナ。
対照的に、「俺は努力してるのに、認めてもらえないなんて腹が立つ」と不満そうなソフ。

落ち込んだハナはベンチに座りこみ黄昏る。遠くから彼女を発見したウォンは近づこうとするが、今までとは違うのだと思いとどまり、「気を付けて帰れよ」とメールを送り、遠くから彼女を見守る。

「大丈夫。すべてうまくいってるわ。」
強がるハナの後姿を見て、かつての自分を重ねるウォンは、寂しさを感じずにはいられなかった。

ソフは所属事務所との関係がうまくいっておらず、度重なる電話に顔をしかめる。
「ミン代表が来たら忙しくなる・・・。」
その前に、ハナとたくさん遊んでおこうと新居に招き、イベントの準備としてショッピングへ。

お揃いのサングラスを買い上機嫌なハナ。ミン代表からのしつこい電話についに観念したソフは、「行かなきゃダメそうだ・・・」とハナを自宅まで送り届ける。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「君を愛した時間」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←12話     14話→

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「君を愛した時間」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
君を愛した時間 公式サイト