韓国ドラマ・純情に惚れる・あらすじ17話

純情に惚れる

今回の韓国ドラマはこちら!
純情に惚れる
さっそく17話をご覧ください
純情に惚れる・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・純情に惚れる・あらすじ17話

契約していた海外の貿易会社が意図的に不渡りを出し倒産。
ミノの経営責任を問うと息巻いてヘルミアに乗り込んできたジュニとジヒョンだったが、ミノの方が一枚上手だった。

初めからジュニの罠に気づいていたミノは、新製品を余計に生産せず、他の貿易会社に納品する分しか生産していなかった。
手付金だけ頂いて商品を生産しなかったミノ。うまくかわされたジュニは苛立ち、「役立たずはいらないわ」とジヒョンから切り捨てられてしまう。

私物をまとめに会社まで来たスンジョン。彼女を引き留めるのに協力してもらおうと、工場勤務を終えたテソクを大至急本社まで呼び出したミノ。
「辞める必要ないんじゃないか?」
テソクの言葉に同調する秘書室一同は、「送別会ではなく歓迎会にしよう」とパーティーを始める。

秘書たちが盛り上がる中、ミノに対しての憎悪が最高潮に達したジュニが現れ、ドンウクの心臓がミノに移植されたことを大勢の前で暴露してしまう。
既に知っていたとはいえ、その場に居られなくなったスンジョンは逃げるようにその場を離れ、初耳のテソクは驚きを隠せない。

「私とあなたの間には、必ずドンウクがつきまとう。」
ミノの顔を見るたびにドンウクを思い出してしまうスンジョンは、二人の間の溝は絶対に埋める事ができないと言い残し、母が暮らす実家へと出て行ってしまう。

「俺の意志で生き返ったわけじゃないのに、どうして君を失わなければいけないんだ・・・!」
ミノの呼ぶ声はスンジョンに届かず、そのまま二人は離れ離れになってしまう。

スンジョンがいなくなって以来、まともに睡眠すらとれず、まるで抜け殻のようなミノの言動は奇怪そのもの。
仲良く過ごすカップルを見つけては罵声を浴びせ、会社でついたあだ名は変人。笑

ゴールド社に見限られたジュニは、カン会長時代に築き上げた人脈と知識をフル活用し、ヘルミアを訴えようと作戦を練る。
「財務担当のあなたも危ないのでは?」
ジュニに脅されたジヒョンは自分の身を案じ、協力してヘルミアを潰しにかかる。

「ついに幻覚が見え始めたか・・・」
書類を取りにヘルミアに来ていたスンジョンを、幻覚だと思い込んでいたミノは、「わっ、わっ、本物かぁ!」と触ってみてビックリ。笑

スポンサーリンク

「それぞれの場所で早く独り立ちしないと」
改めて別れを突きつけられたミノは、「俺が君に惚れたのは心臓のせいじゃない。キム・スンジョンだからだ。」とやっと告白。
たとえ彼女から嫌われていても、感謝の気持ちを伝えようと思い立ったミノは、「よし・・・頑張ろう・・・!」と自分を奮い立たせ業務に励む。

「謝ることはない。むしろ感謝してる。代表の体を借りて息子は生きてる。死が無駄にはならなかった。」
ドンウクの心臓がミノに移植されてると知ったあの日以来、初めて顔を合わせたテソクは、後ろめたそうな顔をするミノを広い心で包み込む。

「これからは、精一杯感謝の気持ちを伝えようと思うんだ。」
テソクに打ち明けたミノは、翌朝から一言メッセージを添え、スンジョン宅の玄関前に一輪のひまわりをプレゼントし続ける。

中国にドナーを見つけたと嘘をつき、証拠となるメモリーカードを回収しようとするジュニ。
いかつい男たちを雇い、ひと気のないところにヨンベを呼び出す。
ボコボコにされるヨンベだが、証拠となるメモリーカードは持ってきておらず、オッキョン達がやってきて男たちと格闘している隙をつき、その場から逃げ出す。

「これが最後の勝負になる。」
海外企業にヘルミアを訴えさせたジュニは、最終的な裁判で負けようとも会社を潰せれば良いと捨て身の作戦に出る。
会社が訴えられたと聞きつけたミノは急いで本社へ向かい、いつものように家を出たスンジョンは、当たり前になりつつあったひまわりを探すが、今日はどこにも見当たらない・・・。

た坊助た坊助

ジュニの妨害の説明が小難しいですが、要はいつもの嫌がらせだと思ってください。笑
スンジョンは距離を置くと言いながらも、ミノが毎朝届けてくれるひまわりが気になり始めているみたいです。早く彼女の中で心の整理ができればいいんですけどね・・・。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「純情に惚れる」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←16話     18話→

純情に惚れる あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「純情に惚れる」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
ポニーキャニオン オフィシャルサイト