韓国ドラマ・2度目の二十歳・あらすじ9話

2度目の二十歳

今回の韓国ドラマはこちら!
2度目の二十歳
さっそく9話をご覧ください
2度目の二十歳・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・2度目の二十歳・あらすじ9話

ソン先生撃退を通じて仲を深めたスンヒョン。平日と土曜はバイトで忙しい毎日を送る彼女が、学費を稼ぐため日曜日まで働き場所を探している事を知り、「本当に偉い子ね」と感心するノラ。

「俺だ、ヒョンソクだ」
突然彼から電話をもらったユニョンは、死ぬ前にやりたいことリストに書いてあったことを実現させてあげたいから協力してほしいと頼まれ、病気は勘違いだった事を知らないと確信する。

今日は制服デー。
年甲斐もなく制服に着替えさせられたノラは、「恥ずかしいから・・・」とトイレから出ようとしない。
ノリノリのユニョンに腕を引かれトイレを出ると、そこで待っていたのは制服姿のヒョンソク。

「校内を歩くのが恥ずかしい・・・」
恥ずかしさを感じながらも、昔に戻った気分でテンションは上がる一方。
向こうから迫ってくるウチョルの車に気づいたヒョンソクは、ノラとユニョンの肩を馴れ馴れしく抱き、いかにも仲良しグループです感を演出しウチョルを挑発する。笑

三人が通っていたヘグァン芸術高校。校門前で待っていたドンチョルも合流し、四人で校舎内を回る。
20年ぶりに見る校舎は全く変わりなく、ひとつ言うならば少しだけ小さく感じた。
校舎内に散らばる数々の思い出たち。昔を懐かしみながら成長した今を噛みしめる四人。

「有名人ユニョンに楯突いたノラ。あの時は驚いたな~」と、昔話に花を咲かせるドンチョル。
アラフォーとなっていた四人は、まるで10代の頃にタイムスリップ、変顔写真を撮りキャッキャと盛り上がる。

その頃、ノラに馴れ馴れしく肩を組むヒョンソクが頭から離れないウチョル。
考え事ばかりし、どこか上の空のウチョルに「最近のあなたは生活臭がするわ・・・」と浮気相手イジンは機嫌が悪い。

ミンスとヘミは、若者に人気なクラブへ。同じ場所に向かうが入れてもらえなかったノラ達四人は、少し大人世代が客層のクラブに移動し大盛り上がり。

他の男と楽しそうに踊るヘミを見て嫉妬したミンスは、見よう見まねでダンスダンスダンス♪

帰り道。
「いい大人が制服姿でバスに乗るのは恥ずかしい・・・」と嫌がるノラだったが、「高校生と言えばバスだろ!」と促されヒョンソクと共に帰宅。

夫の事ばかり優先し、自分自身の人生を歩んでこなかったノラ。
「嘘みたいな一日だった」と今まで経験できなかった一日を過ごし、きっかけをくれたヒョンソクに対して感謝する。

「本当に本当にありがとう」

エレベーター前。学生服姿で出くわしたミンスとノラはお互いに驚きながら、角が生えて待っているだろうウチョルを考えそーっと扉を開ける。
抜き足差し足・・・あっさり見つかってしまったノラは、「クラブに行ってきた」と開き直りそそくさと寝室へ。笑

その頃、楽しかった今日一日を思い返すヒョンソク。
写真に写る屈託のない笑顔のノラが、本当に死んでしまうのかと信じられずに物思いにふける・・・。

スポンサーリンク

バイト先を探すノラだったが、年齢のせいかなかなか雇ってくれるお店は見つからない。

「そういえば、バイト先探してたよね?」
スンヒョンからバイト先を紹介してもらったノラは、コンビニで働くことが決定。
ヒョンソクとの約束をすっかり忘れ、バイト初日を迎える。

「どこでバイトするんだ?」
場所を聞き出したヒョンソクは突然店先までやってきて、強引に彼女の手を引き外へ連れ出す。

「何も聞かずに見送ろうと思ってたけど、これ以上は無理だ。どうして働くんだ?夫の顔色を窺ったまま死ぬのか?」
熱くなるヒョンソクに、「すい臓がんは勘違いだったのよ。それよりなんで知ってるわけ?」とあっけらかんとしたノラ。

「ほ、ほ・・・、本当に死なないのか!?」と、勘違いに気づいたヒョンソクは大喜び。

再会した当初冷たかった彼が何故優しくなったのか、ずっと疑問に思っていたノラはやっと謎が解ける。
「私が死ぬと思ってたのね・・・。」

勘違いだと知って一気に肩の荷が下りたヒョンソクは、仕事中の打ち合わせ中も超ご機嫌。
「何かいい事でもあったんですか?」と気になるサンエに、「ちょっと寝てから話すよ」とヒョンソクは何故か無駄に引っ張る。笑

た坊助た坊助

あっさり病気は勘違いだったって気づきましたね。死なないと分かった上で、ノラに惹かれていくんだろうか・・・。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「2度目の二十歳」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←8話     10話→

2度目の二十歳 あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「2度目の二十歳」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
シネマート ドラマ公式サイト