韓国ドラマ・2度目の二十歳・あらすじ7話

2度目の二十歳

今回の韓国ドラマはこちら!
2度目の二十歳
さっそく7話をご覧ください
2度目の二十歳・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・2度目の二十歳・あらすじ7話

サンエが急用で休んでしまったため、ノラを遅くまで借りたいと持ちかけるヒョンソク。
妻と彼がどんな関係なのか気になりつつも、男として小さい器をみせたくないウチョルは、「しっかり頑張れよ」と一言かけて帰っていく。

車に乗り込んだウチョルは、ヒョンソクの素性を調べようとすぐに車を止め、携帯でポチポチ検索。笑
(妻の通ってた高校くらい覚えておけよ。笑)

「もし学校で夫と会ったら、俺の使いだと嘘をつけばいい」
ヒョンソクが何を考えているのかわからなかったノラは、つい先日まで冷たかった彼が急に優しくなった事に違和感を感じながらも、彼の気遣いを素直に感謝する。

イジンと夕食を食べるウチョルは、昼の出来事で頭がいっぱい。
「今日は家に帰る」と心ここにあらず。
二人が密会するための住居ではなく、ミンスと妻が待つはずの家に戻ると足早に店を出る。

サンエの協力を得て、ノラを連れ出すヒョンソク。
やりたい事リストに書いていた”映画を見ながらポップコーン”の夢を叶える為、「これも資料の一環だ」と言い訳をつけ映画館へ。
ポップコーンを頬張りながら、泣いたり笑ったり。彼の優しさだとはつゆ知らず、純粋に映画を楽しむノラ。

やりたい事リスト2 癖になる味の串焼きが食べたい。
「腹が減ったから付き合ってくれ」と露店にやってきたヒョンソクにとっては、いつでも食べられる当たり前の味だったが、専業主婦として家にこもりっきりだったノラにしてみれば新鮮な味。
今までできなかった経験に、ノラは充実した時間を過ごす。

その頃、妻の帰りを今か今かと待ちわびるウチョル。
今までは妻に興味のかけらもなかったが、ヒョンソクの登場によって少しだけ心境に変化が。

「どこに行ってたんだ?何をしてたんだ?いつ再会したんだ?何故なにも話さなかったんだ?」
息子に関すること以外、一切質問などしてこなかった夫が、急にあれこれ聞いてきて、「あなただって自分の事を話さないでしょ」と呆れるノラ。

事務所でヒョンソクの帰りを待つサンエ。
ノラに感情移入したようなサンエは、やきもきするヒョンソクを後押しするように全面的に協力する。
(サンエはヒョンソクの事好きだと思ってたんだけど、何故ここまで協力的なんだ?ノラが死ぬと思ってるからか?)

オモッ!
ノラに弱みを握られ、ソン先生はあっさりと学校を辞める。
協力してくれたスンヒョンと仲を深め、大学内で初めての友人と呼べる存在ができたノラ。

「ふ~。これで一つは解決したな。」
ソン先生の退職。初めての友人。
嬉しそうに話す二人を陰から見ていたヒョンソクは、大学生活に馴染み始めたノラを優しく見守り続ける。

「最近恋してますか?」とイジンをチクチク攻撃するヒョンソク。
遠まわしにウチョルとの関係を否定する彼女は I♡WのWは、ウチョン大学のWだと苦しい言い訳。

スポンサーリンク

授業の課題として、食事しながら二人で写真を撮るノラとスンナム。
「私を庇ってくれてありがとうございます。サークルの事も感謝します。”先輩”」
一回りも歳上の彼女から”先輩”と呼ばれると変な感じのスンナム。まだまだ恥ずかし半分だが、二人の距離は初めとは比べ物にならないほどぐぐっと縮まる。

こちらも同じく写真を撮るヘミ。課題の一環とはいえ、他の男に対して執拗にベタベタする彼女を見つけたミンスは、「おい!何やってるんだ!」と思わず大勢の前で言い合いに。

「私もあなたの様に好きな事をするわ」
勉強ばかりで構ってもらえずふてくされたヘミは、「合コンにもいきたいし、たくさん遊びたい」と遊び散らかしてやる宣言で嫉妬をあらわにする。

「だったら、すべて俺が相手になってやる」
別れを突きつけられたミンスは、逃げるヘミを追いかけ手を握り、大勢の前で決め台詞を吐き見事に仲直り。
偶然息子の修羅場を見てしまったノラは、男らしくヘミを引っ張る我が息子の姿に「成長したな・・・」としみじみ。

スンナムのお陰で、ダンスサークルにすんなり馴染むことができたノラ。
歳上でもそれを感じさせない彼女は、先輩学生たちに敬語であいさつし、校内を歩いていたミンスがその姿を目撃してしまう。

「父さん大変だ!母さんが大学に通ってる!」
息子から電話をもらったウチョル。イジンと密会中だった彼は、「大変なことが起こった」と彼女をほったらかしで急いで大学へ向かう。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「2度目の二十歳」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←6話     8話→

2度目の二十歳 あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「2度目の二十歳」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
シネマート ドラマ公式サイト