2度目の二十歳

韓国ドラマ・2度目の二十歳・あらすじ21話

2度目の二十歳

今回の韓国ドラマはこちら!
2度目の二十歳
さっそく21話をご覧ください
2度目の二十歳・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・2度目の二十歳・あらすじ21話

離婚したことをウチョルから聞かされたヒョンソクは「人を好きになることはゲームじゃないんだ」と呆れる。

「熱は下がったみたいだな」
おでこに手をあてられ照れるノラは、ヒョンソクの顔をまっすぐ見ることができない。

大学に通う理由は人それぞれ。
スンナムは、就職に有利になる事を見据えて経営学科に入った。スンヒョンは、就職よりも自分の好きな事を優先し、人文学科に。
夫との会話を成り立たせるために学をつけたいのが理由だったノラは、離婚してから急に優しくなったウチョルを見て物思いにふける。

「靴ひもがほどけてるぞ」
普段は絶対にやらないような事をやるウチョルは、「あなたの背中に惚れたのよ」と言われた事を思いだし、変な態勢で背中をアピールする。笑

そんなウチョル宛てに、謎の脅迫メールが届く。
彼が赴任してくる直前、賄賂事件によって大学を去った教授。
「この黒幕はあなたですね?」と身に覚えのない脅迫をされたウチョルは、これ以上問題を大きくしたくないがために不動産を売却。
指示通りお金を準備する。笑

その頃、「助けてくれ・・・君しか頼れないんだ」と泣きついてくる想定をしていたイジン。
いつまで待ってもウチョルが現れる気配はなく、「あれ・・・おかしいわね・・・?」と一人で首をかしげる。

「お前、俺の事を好きだからって避けるなよ」
逃げ回るノラを捕まえ、目を合わせようとしない彼女をからかうヒョンソク。
何かとすぐに顔が赤くなる自分に異変を感じながらも、ヒョンソクの事を好きだと認めようとしないノラ。

”仕事と私、どっちが大事なの”
いつも同じ話題でケンカになるミンスとヘミ。
大学に入った理由はそれぞれ、就職のため、遊ぶため。それぞれ真逆の思考だった二人は度重なる衝突に耐え切れず、「もう別れましょ!」とケンカ別れしてしまう。

今まで父の言う通りに生きてきたミンスは、ヘミとの別れを経て、自分は何がしたいのか、何のために生きているのか、疑問に思い自問自答しながら酒を煽る。

同じく一人酒で泥酔してしまったサンエ。困った店の店員が、彼女の携帯から「迎えに来てくれませんか?」とノラに電話をかけ、驚いたノラはすぐに店に向かう。

スポンサーリンク

「私、愚かな事をしてしまいました・・・。先輩に悟られてしまった。」
見返りを求めずヒョンソクをただ思い続けると決意していたのに、邪魔するような事をしてしまったと自分を責め、昨日の行動を後悔していた。
(ヒョンソクがノラの事を好きだと分かっていて、邪魔するような事をしてしまったって自分を責めてるんですねきっと。『ノラさんは帰った』って嘘ついたのを激しく後悔してるようです。)

サンエを一人に出来ないノラは、ウチョルもいなくなったことだし、なんの遠慮もなく彼女を自宅へ連れて帰る。
目覚めたサンエは「やっちゃった・・・」と飛び起き反省。初めて酔っぱらって帰宅してきたミンスも目覚め、仲良く三人で朝食をとる。

不動産を売却したウチョルは、脅迫通りに金を準備。
彼が泣きついてくると踏んでいたイジンにとっては、予定外の展開。
さらに、既に離婚してホテル住まいの事実を知り、プライドの高いイジンの心はポッキリ折れてしまう。

「俺がお前の事を好きだと言ったら・・・?俺たちは両思いなんだよ。」
ヒョンソクからの告白に驚き、しゃっくりが止まらないノラ。笑
告白の一部始終見ていたドンギュは、ヒョンソクの指示通り水を持ってきた後、「大変だ!ついに告白しやがった!」と大至急ユニョンに電話。笑

「私があなたを好きなわけないじゃない!」
あなたの想いはさておき、私はあなたを好きじゃないと否定するノラ。
ドンギュから話を聞きつけたユニョンは浮かれ、「今すぐそっちに行くから!」と電話をかける。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「2度目の二十歳」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←20話     22話→

2度目の二十歳 あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「2度目の二十歳」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
シネマート ドラマ公式サイト