韓国ドラマ・愛するウンドン・あらすじ17話

愛するウンドン

今回の韓国ドラマはこちら!
愛するウンドン
さっそく17話をご覧ください
愛するウンドン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・愛するウンドン・あらすじ17話

ウンドンを初めて自宅に招いたヒョンス。たとえインスタントラーメンでも、ウンドンに作ってもらえたらもはや名店の味。
「うまいうまい」と連呼しながらバクバク食いまくる。

ウンドンのためにメイクさんに頼み、着替えを準備してもらったヒョンス。
勘違いしっぱなしのメイクさんは、不倫を誘われたと勘違いし、ばっちり厚化粧でヒョンス宅にやってくる。笑

「おやすみ」と部屋を出たヒョンスは自分の寝室へと向かうが、落ち着かずにソワソワしっぱなし。
自分の寝室とウンドンの部屋の前まで行ったり来たりを繰り返し、なかなか眠ることができない。

何回目の行ったり来たりだろうか・・・。階段でちょこんと座りこむウンドンを発見したヒョンスは、こみ上げる思いを抑えきれずに、そのままキスしてベッドイーン。

翌朝目覚めたヒョンスは、隣にいるはずのウンドンがおらずに焦るが、居間へ行くと厨房に立つ彼女の姿が・・・。
超理想的な目覚めに感動すら覚えるヒョンスは、目に熱いものがこみ上げる。
(なんと幸せな事でしょうね。あれだけ思い続けたウンドンが、実際にキッチンに立ってるんですから。)

その頃、ライルとお留守番状態のジェホは、ヒョンスを追い詰めようとウンドン養父を急かす。
ジェホに急かされパク記者に連絡を取った養父は、「著書”愛するウンドン”は、あの男の作り上げた物語。あの男はストーカーだ」と嘘の証言をして、でっち上げの記事を作らせようとする。

夫の不審な様子に気が付いた養母は、ジョンウンに電話をかけるも留守番電話で繋がらず。
「この留守電を聞いたら、すぐに折り返し電話して」とメッセージを残す。

遺伝子検査を依頼していたヒョナは結果を聞き、ライルはヒョンスの息子だと確信する。

電話が鳴っても「お前の方が大事だ」と無視。ラブラブに手を繋ぎながら思い出の地を回るヒョンスとウンドン。

幼かったあの日、バイクの運転に気を付けると約束したヒョンスに対して、「私も約束するよ」と言いながらも、恥ずかしがって内容を教えてくれなかったウンドン。

「大きくなったらお兄ちゃんのお嫁さんになる」
幼いころ心に誓い、約束したにもかかわらず、ジェホと結婚し今に至る事を申し訳なさそうに謝るウンドン。

ここまでかなりの遠回りをしたものの、今こうして再会できたことが何より幸せな事で、一番大切だと感謝するヒョンスは、ウンドンの涙など見たくない。

「今日はもう泣くのはやめ!笑って楽しく過ごそう!」
自転車に乗る二人は、まるで空白の期間を埋めるように無邪気にはしゃぎまわる。
(必ず笑顔にするって約束してたもんね(;O;)ヒョンスの言動がいちいち管理人の胸に刺さってくるわ。笑)

現実から離れラブラブデートしていた二人だったが、「ライルの具合が悪い」と連絡を受けソウルへとんぼ帰り。

「何も変わらないから安心して」
不安そうなヒョンスに、私の想いは変わらないと言い聞かせ、自宅へ戻るウンドン。

その頃、ウンドン養父の虚偽の証言をもとにガセネタ記事を作るパク記者。
社内でも「ヒョンスはそんな男じゃない」と反対意見も出回るが、それらを押し切ってガセネタを配信する事が決定する。
(真っ赤なガセネタですが、パク記者は養父の言う事を本当だと信じているみたいです。)

本当の息子ではないと知りながら、本当の息子の様に愛情を注いでくれたジェホに対して「ありがとう」と感謝するウンドン。
しかし、これ以上偽りの結婚生活を続けるわけにはいかず、「私たち別れましょう」とジェホに対して決定的な言葉を投げかける。

スポンサーリンク

ヒョンスの恩人とも呼べる脚本家のパク・ジョンウン。
(偶然同じジョンウンって名前。っていうか、ラブリーアランのコンジュとしてブイブイ言わせてたコ・スヒさんだ!テンションあがったわ~笑)

脚本家になるのが夢と語るウンドンのため、「何も言わずに受け入れてくれないか?弟子として彼女を指導してほしい」と頭を下げるヒョンス。
彼の熱意に押され、それを渋々承諾するパク脚本家。

ライルの体調は回復。母ウンドンに「二人でおばあちゃんの家に泊まりに行こう」と言われたライルは、「パパが一緒じゃないなら嫌だ」と子供らしいだだをこねる。

”愛するウンドンは全部でっち上げ”
虚偽の記事が出回り対応に追われるヒョンバル。
ソリョン(金)ではなく親友であるヒョンスと共に生きる事を決意した彼は、大勢の記者たちを前に「私は彼の20年来の親友です。これだけは言える。あいつがストーカーな訳がない。」と真っ向から否定する。

ライルの本当の父はヒョンス。しかし、このタイミングでヒョンスに本当の事を語ると話がこじれると判断したウンドンは、養母にだけ真実を告げる。
「ライルの父は、ジェホさんではなくヒョンスなの。」

賭博や不正会計(ヒョンスの名義で株価を不正操作したりしてたみたい)など、かなりやらかして雲隠れした事務所前社長。
彼の不正を公けにして事務所をつぶし、ヒョンバルの事を引き抜こうとしたソリョンの作戦は、ヒョンスとヒョンバルの固い友情によって失敗に終わる。

た坊助た坊助

事務所を廃業に追い込んで、ヒョンバルも引き抜けばヒョンスを追い込むことができると作戦を企てていたソリョンですが、それは失敗に終わったようです。(ヒョンスに振り向いてもらう事が真の目的)しかしながら、ヒョンスかヒョンバルのどちらかが、前社長のせいで法的に罰せられる可能性は残されているようです。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「愛するウンドン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←16話     18話→

愛するウンドン あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「愛するウンドン」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
公式サイト