韓国ドラマ・愛するウンドン・あらすじ16話

愛するウンドン

今回の韓国ドラマはこちら!
愛するウンドン
さっそく16話をご覧ください
愛するウンドン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・愛するウンドン・あらすじ16話

ナンシルとの浮気を問い詰められ、家に帰るに帰れない状況になってしまったヒョンバルは、「昔はこうやって寝たもんだよな~」とヒョンスに添い寝。笑

「花言葉は幸運だよ」
リハビリを頑張る父のために、”幸運”が花言葉のラベンダーをヒョンス父にもらって帰る事にしたライル。

ミスンとの旅行から帰宅したジョンウンに、「家庭を持つ妻が・・・連絡くらいよこせ!」と偉そうに罵声を浴びせるジェホ。
彼女の記憶が戻ったことを知ったジェホは逆上し、「俺はお前とお腹の子を守ったんだ!」と鏡をバリーン。

「君とチ・ウンホを破滅させてやる。」
ジェホの恐ろしい発言に怯え、体の震えが止まらないジョンウン。
震えを抑えながら割れた鏡を片付ける彼女は指を切ってしまい、血がポタポタと流れ落ちる・・・。

「人の妻に二度と電話をかけてくるな!」
ヒョンスに対して敵意をあらわにするジェホの向こう側、ジョンウンのすすり泣く声が聞こえたヒョンスは、ただ事ではないと心配し車を走らせる。

その頃、ライルの毛髪と自分の毛髪で遺伝子検査を頼むヒョナ。

「僕の父さんは凄いんだ!」
父と一緒に野球したいと願うライルは、ヒョンス父にもらったラベンダーを自慢げに持ち帰る。

ライルを迎えに行くため外に出ていたジェホ。
ヒョンスの車に妻が乗り込むところを目撃した彼は、「お母さんがあの車に隠れてる」と向かわせる。

ジョンウンがケガしている事に気づいたヒョンスは、車を飛び降り急いで近くの薬局に走る。

「お母さん、みーつけたっ!ところでこれ、だれの車なの?」
何も知らないライルが無邪気に現れ、一旦部屋へと戻るジョンウン。

車に戻ったヒョンスは、彼女の姿が見えず、ケガをさせたであろうジェホへの怒りがこみ上げる。

「もし、次また彼女にケガをさせたら、迷うことなくぶっ殺す」
電話をかけるヒョンスは怒りを抑え、淡々とした口調でジェホに対してクギを刺す。

父と子供の遺伝子を検査するためには、ヒョナの毛髪では検査できないことが発覚。
(Y染色体がどうだとか言ってるけど、簡単に言うとヒョナの毛髪じゃダメって事)
食事しようと父と母をさりげなく呼び出したヒョナは、「健康診断の一環で・・・」と嘘の理由を話し、父の毛髪をもらう。
(これで検査できるらしい)

連絡が取れないヒョンスの尻拭いに追われるドンギュは、局長の前で「妹さんが・・・?それは大変でしたね・・・」と電話で話している演技をするが、嘘がバレバレ。笑
(ドンギュよ・・・。偉いぞ。笑)

「ただの一度もあなたを選んだ覚えはない。私が愛したのはヒョンスだけ。」
ジェホに対して決定的な意志を見せるジョンウン。
何をしてでも食い止めたいジェホだったが、「男がいるの?息子をこんな体にしといて・・・出ていきなさい!」とジェホ母が暴走。
ジェホの意志に反して、ジョンウンはそのまま姑に家を追い出される。
(けど、こっちからしてみれば願ったりかなったり。)

スポンサーリンク

「妻が家出した。もし見かけたら連絡してほしい。」
ジェホから電話をもらったミスンは何事かと驚くが、ジョンウンの幸せを願いジェホではなくヒョンスに連絡する。

「ジェホさんには悪いけど、今夜はあなたに預けます」
ミスンから連絡をもらったヒョンスは、車を走らせ迎えに行く。

「女物の服が必要だ。誰にも言わず黙って家にこい。あと女物の下着もな。」
ジョンウンの物だと知らずに、女として見られているとメイクさんは勘違いする。笑

初めて敷居を跨いだヒョンスの自宅。
「ここはお前を想いながら食事する場所。ここはお前を想いながら眠る寝室。」
ヒョンスは募る思いをアピールしながら、初めてきたウンドンのため自宅内を案内する。

「偽証までして助けてあげましたよね?」
ジョンウンが取られると焦り見苦しいジェホは、助けを求めてジョンウンの養父に電話をかける。

ジョンウンがヒョンス宅にいると知ったソリョンは、キム秘書からの報告を受け涙を流す。

た坊助た坊助

ジョンウンの養父はどんな借りがあるのか気になります。ジェホの言い方だと、ただ口利きでコーチにしてあげただけではなさそうです。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「愛するウンドン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←15話     17話→

愛するウンドン あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「愛するウンドン」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
公式サイト