韓国ドラマ・愛するウンドン・あらすじ14話

愛するウンドン

今回の韓国ドラマはこちら!
愛するウンドン
さっそく14話をご覧ください
愛するウンドン・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・愛するウンドン・あらすじ14話

今まではスポンサーがおらず、ユニフォームが作れなかった障害者野球チームイクリプス。
体が動かずとも監督に就任したジェホは、元ピッチャーとしてチームを指導する。

ドンギュの父親がペンションを立て、「一緒に遊びに行こう」と持ちかけるミスン。
明日にイベントを控えるジョンウンは、「明後日にしよう」と約束する。

ガユルおばあちゃんから連絡を受けたジョンウン。

「きっとあなたに見てもらうために、私の目の前まで出てきたんだわ」
ふと横になった時に、タンスの下に落ちている手紙を発見したガユルおばあちゃんは、やっとあの日のヒョンスとの約束を果たせ、笑顔がこぼれる。

”愛するウンドン”
10年前のラブレターを受け取ったジョンウンは、バスに揺られながらそっと手に取るも、中身を空けてみる事ができず思いとどまる。

ジェホの監督就任後援記念会とも知らず、イベント会場へ向かうヒョンス。
何も知らずに会場まで連れてきたドンギュは、こちらも詳細を知らずに呼んでしまったヒョンバルと共に「えらいことになった・・・」と頭を抱える。

ドンギュは何とか理由をつけ、ヒョンスを連れて会場を後にしようと考えるが、真相を知ってしまったヒョンスを止められず。

その頃、先に会場入りしていたソリョンはジョンウンを見つけ、「日ごろから、”妻は俺の希望だ”と話は伺っています。」と罪悪感を持たせるような発言をし、ジョンウンの心をジェホから離れられないよう縛り付けようとする。

壇上に上がりスピーチするジェホは、「僕の生きる原動力の妻です」とジョンウンを壇上に上げ、”自分の妻である”と周囲にアピール。
挑発的な態度を崩さないジェホはそのままヒョンスからの祝辞を求め、上等だとメンチを切ったヒョンスは売られたケンカを買う。

しかし、そこは大人のヒョンス。
それらしい当たり障りのない挨拶をした後に、参列者にはわからぬよう”ウンドンは俺の物だ”と遠まわしに伝える。
「僕もまさか10年待つとは思いませんでした。これからはもう待ちません。」

ヒョンスとジェホの板挟み。会場に居られなくなったジョンウンはそのまま退場しようと席を立つ。
「・・・ウンドン!!」
彼女を呼び止め、追いかけるヒョンスを何とかごまかすために、「う、う、運動靴を寄付するって言ってます!今から買いに行ってきま~す!」とフォローに追われるドンギュ。笑
(本当につくずく思う。ドンギュは偉い。笑)

会場を後にしたジョンウンはやっとラブレターを開封。
”愛するウンドン”
「お前を失う事が俺の唯一の恐怖。1年?2年?3年?何年でも待つよ。だから必ず再会しよう。」

ラブレターに目を通したジョンウンは、まるで胸の中にヒョンスが入り込んでくるような感覚に襲われ、数々の思い出と共に記憶が蘇ってくる。

バイクで轢かれそうになって、すっ転んだ初めての出会い。
病院まで運んでくれた温かくて大きな背中。
周りの大人たちがヒョンスの事を悪く言おうとも、ウンドンの目には天使に見えた。

スポンサーリンク

20代の再会前。
偶然テレビに映り込んだヒョンスを探して、「パク・ヒョンスはいますか?」と手当たり次第に劇団を回って歩くジョンウン。
その時は見つけられなかったものの、その後偶然なのか狙ったのか、自転車ですっ転んで再会を果たした。

「友達なんて嫌に決まってるだろ!」
ぐいぐい迫ってくるヒョンスを悪く思わず、むしろ「結婚するのが夢」と友人に語っていたジョンウン。

「あなたとは友人でいたい」とジェホはフラれたにもかかわらず、ジョンウンの養父にそそのかされ、済州島に旅行中だった二人の後を追う。

「絆創膏を買ってくるからここで待ってて」とヒョンスを置いて一人になったジョンウンの腕を強引に引き、車に乗せ走り出したジェホは、「ヒョンスと寝た」と言われ逆上。そのまま信号無視の末、横から車に衝突された。

現在に戻り・・・。いろいろな記憶が頭の中を駆け巡るジョンウンは、アスファルトの上で気絶。
病院で目を覚ましたジョンウンは、「大丈夫か?」と心配するジェホを拒み、手を振りほどく。
そして、「一人になりたい」とジェホを病室から追い出し、隙を見て病院を抜け出す。

イベントにヒョンスを呼んだことで、逆に彼の心に火をつけてしまったソリョンは、「お金ならいくらでもあげるから」とヒョンバルにさらなる協力を求める。

友達と金。どちらを選ぶか迷ったヒョンバルは、最近よく一緒に居る女性(女優になりたいって事務所を訪ねてきた女性。名前はたしかオ・ナンシル。)に相談。
(って言うか、そこは迷わずヒョンスだろうが!笑)

た坊助た坊助

ジョンウンは、ジェホの事を愛してなかったし、本当に愛していたのはヒョンスだと鮮明に思い出したようです。
当初の予想通り、ライルは済州島に旅行に行った時、ヒョンスとの間に授かった子供だと思われます・・・(^O^)
追記。別れる前の最後の旅行は、済州島じゃなくて南海(ナメ)だったみたいです。

その他の韓国ドラマ一覧や、
「愛するウンドン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←13話     15話→

愛するウンドン あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ|た坊助の韓国ドラマ

「愛するウンドン」画像はこちらから引用させていただきましたm(__)m
公式サイト